不動産登記

商業登記

遺言・相続

成年後見

  • 成年後見
  • 保佐
  • 補助
  • 任意後見

債務整理

  • 任意整理
  • 個人民事再生
  • 自己破産

裁判手続

  • 裁判書類作成
  • 簡裁訴訟代理
  • 貸金請求
  • 建物明渡請求

債権譲渡登記

  • 動産譲渡登記
  • 債権譲渡登記

供託手続

  • 弁済供託
  • 司法書士が完全対応

    司法書士が最初から最後まで責任を持って対応します。

  • 土日・夜間対応

    事前にご予約いただければ、土日・夜間の対応も可能です。

  • 初回相談無料・お見積無料

    初回の法律相談は無料です。費用のお見積りも無料です。

  • 高品質・低価格

    高品質なリーガルサービスをご提供いたします。種々のコスト削減努力により低価格化を実現しています。

  • 迅速対応

    所内のIT化により業務の効率化を図っていますので、スピーディーに業務を遂行いたします。

  • 他士業連携

    弁護士等の他士業との連携により、トータルでサポートいたします。

こんなときは司法書士にお任せください。

不動産を売買したとき
不動産を売買したときは、売買を原因とする所有権移転登記を行います。司法書士は、売買代金の決済の場に立会い、決済完了後、直ちに登記申請を行います。
詳細は所有権移転(売買)をご覧ください。

不動産を相続したとき
不動産を相続したときは、相続を原因とする相続登記を行います。相続登記に特に登記期間はありませんが、なるべく早めに行うことをお勧めします。
詳細は相続登記をご覧ください。

住宅ローン等を完済したとき
住宅ローン等を完済したときは、自動的に抵当権が抹消されるわけではないため、抵当権抹消登記を法務局に申請する必要があります。
詳細は抵当権抹消をご覧ください。

建物の新築又は新築建物を購入したとき
建物を新築又は新築建物を購入したときは、建物表題登記及び所有権保存登記を行います。
詳細は所有権保存をご覧ください。

相続放棄をしたいとき
相続放棄をするには、被相続人の最後の住所地を管轄する家庭裁判所に相続放棄の申述書を提出します。
詳細は相続放棄ご覧ください。

遺言書を作成したいとき
遺言書の作成をお考えなら、安全で確実な公正証書によって遺言されることをお勧めします。
詳細は遺言をご覧ください。

会社を設立したいとき
会社を設立するには、定款を作成し、資本金を準備し、法務局に会社設立の登記申請を行います。
詳細は会社設立をご覧ください。

会社の役員に変更が生じたとき
会社の役員に変更が生じた場合は、役員変更の登記申請を行う必要があります。
詳細は役員変更をご覧ください。