• 商業登記とは

    商業登記とは、会社に関する情報を「登記」によって公示する制度です。会社と取引を行おうとする相手方は、その会社の登記内容を確認することによって、どのような会社であるか知ることができるので、商業登記制度は取引の安全に役立っています。

  • 登記内容に変更が生じたら

    会社はあたかも生き物のように様々な活動を行います。これに伴って登記すべき事項についても変化が生じます。商業登記は、登記すべき期間が定められているケースが多いので、登記手続を怠ってしまわないように気を付けなければなりません。

こんなときは司法書士にお任せください。

会社を設立したいとき
株式会社を設立するには、会社の根本規則である定款を作成し、定款認証を行い、資本金を払込み、法務局に会社設立の登記申請を行います。
この登記申請日が会社成立日になります。
詳細は会社設立をご覧ください。

会社の役員に変更が生じたとき
会社の役員に変更が生じた場合は、役員変更の登記申請を行う必要があります。
詳細は役員変更をご覧ください。

関連記事
 
 
事例紹介