贈与について

贈与は、当事者の一方が自己の財産を無償で相手方に与える意思を表示し、相手方が受諾をすることによって効力が生じます。口頭での合意のみで贈与契約が成立します。
なお、書面によらない贈与の場合は、各当事者が撤回することができます。ただし、履行が終わった部分については、撤回することができません。
この履行については、不動産においては登記又は引渡しがあれば履行があったとされています。
このように、口約束のみの贈与ではその効力が極めて弱いのに対し、不動産は登記することによって確定的な効力を与えることができます。